お金持ちと貧乏人の違い!キャッシュフロークワドラントとは?

雑記

皆さんは、お金持ちと貧乏人の違いをご存知でしょうか?

 

お金持ちと言われて想像するのは、企業の社長や投資家ではないでしょうか?

 

今回は、社長と投資家とサラリーマンなどの従業員と個人事業主の働き方についての考え方の1つでである「キャッシュフロークワドラント」について説明していきます。

 

これから先の人生でどうやってお金を得ていくかを左右することなのでしっかり覚えておきましょう。

 

 

キャッシュフロークワドラントとは?

 

キャッシュフロークワドラントとは、投資家、実業家、セルフヘルプ著者、モチベーショナル・スピーカー、金融リテラシー活動家、時折金融コメンテーターなど様々な分野で活躍しているロバート・キヨサキの著書である「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」に書かれているお金の流れを4つの区分に分ける考え方のことです。

 

ちなみに、キャッシュフロークワドラントを日本語に訳すと、キャッシュフローとクワドラントにわけて、キャッシュフローは「お金の流れ」という意味で、クワドラントは「4等分」という意味になります。

 

 

お金を得ている人は必ず、「従業員(Employee)」「自営業者(Self Employee)」「ビジネスオーナー(Business Owner)」「投資家(Investor)」の4等分されたタイプのどれかに属されています。

 

 

 

この4つのタイプは、それぞれ仕事の考え方やお金の得方やお金の得る量や時間的な余裕も異なります。

 

それぞれの考え方やお金の流れなどについて簡単に説明していきます。

 

従業員・・・安定や保証などの福利厚生が充実した会社に就職したいと望んでいます。
親や学校で言われた通りのことだけをして、そのレールに乗っているだけの人です。
リスクや不確かなことを嫌います。
リストラされるのを恐れて一生懸命に働きます。
お金のために頑張った分だけ時間的な余裕がなくなり、辛い生活を余儀なくされます。

 

 

自営業者・・・人に使われるのが嫌いで何でも一人でやろうとします。
自分で何でもできると思っているので人に依存することはほとんど無いです。
自分のやり方が正しいと思っているので人に仕事を任せるのが苦手です。
頑張った分だけお金は得られるが、その分だけ時間に余裕がなくなります。
病気やケガをして仕事が出来なくなってしまったら、全く収入が入ってきません。

 

 

ビジネスオーナー・・・自分より優秀な人を集めて他人に仕事を任せたいと思っています。
優秀な人が多くなればなるほど自分は楽になっていきます。
他人を使って自動化を図ろうと考えています。
レバレッジ(他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること)を効かせたいのでリーダシップ力や従業員の教育に力を入れます。
そのため、自動でお金を得る仕組みが出来るので、ビジネスオーナーは経済的にも時間的にも余裕がある人が多いです。

 

 

投資家・・・お金を運用することによって、さらにお金を生み出したり物の価値の変動でお金を生み出します。
お金を投資して待ってるだけでお金になることもあるので、不労所得と言っていいでしょう。
知識が必要ですが、それなりに知識を得てくるとどのように投資をすれば儲かるかを理解して、さらにお金を多く生み出すことが出来ます。
そのため、経済的にも時間的にも余裕があります。

 

 

自力で稼ぐ「従業員」と「自営業者」。

 

他力で稼ぐ「ビジネスオーナー」と「投資家」。

 

もちろんビジネスオーナーと投資家の方が多くお金を得ることができて、尚且つ時間的な自由も多いです。

逆にこの2つのどちらかにならなければ、経済的にも時間的にも辛い思いをすることになるかと思います。

 

 

しかし、ビジネスオーナーと投資家には簡単になれるわけではありません。

 

 

多くの時間や失敗を繰り返して、やっとなれるものです。

 

 

失敗を恐れて挑戦しない様な人であれば、従業員で一生働くことをおススメします。

 

 

しかし、いくら挑戦しても失敗してしまい、成功しない人も多くいるのは事実です。

 

では、その様な場合はどうすれば良いか?

 

 

答えは、メンター(先行者・指導者・助言者)を見つけることです。

 

 

ビジネスオーナーや投資家になっている人は、従業員や自営業者よりは少ないですが、今はSNSと言う便利なツールがあるので探せばすぐに見つかります。

そのような人と距離を近づけるだけでも考え方なども変わってきます。

 

 

そのあとは自分がどう行動するかです。

思考は現実化しますのでビジネスオーナーや投資家になりたいと思っている人は諦めないでください。

 

 

このブログでは、ビジネスオーナーや投資家になりたい人たちの参考になる情報も発信していきますので、ぜひこれからもご愛読いただければと思います。

コメント