様々な企業が取り入れてる継続課金型ビジネスとは?

トレンド

最近、様々な企業が売り切り型の従来のビジネスから継続課金システムを導入したビジネスにシフトチェンジしています。

 

その原因の1つとしてIoTがあります。

IoTとは、Internet of Thingsの頭文字を取ったもので、日本語で物のインターネットという意味があります。

様々な物がインターネットに接続して、情報交換をすることによって相互に制御する仕組みです。

詳しく説明すると長く難しくなってしまうので、ここでは割愛させてください。
(詳細を知りたい人は、ググってみてください。)

 

このIoTにより、グローバル化が進み機械化も進んでいっているのが現状です。

それにより新しい技術やモノが開発されるのが加速していき、既存の技術やモノがすぐに廃れていってしまうのです。

なので、従来の売り切り型のビジネスが失墜してきているのです。

 

それでは、なぜ継続課金型ビジネスが好調を見せていて導入する企業が増えているのか。

 

それは、システムやサービスをサーバーなどで制御することによって、新しいサービスを更新する形で、お客様に提供するのが簡単にできるからです。

それに、コンスタントに収益を回収することもできて、在トレンド開発のコストを大幅に減らすこともできます。

なので、企業はコスト削減と収益の安定化ができ、顧客は常に最新の品質や技術のサービスが受けられます。

まさに、Win-Winのビジネスモデルです。

 

このビジネスモデルにシフトチェンジした有名な企業は、Microsoftです。

その中でも、皆さんご存知のOffice(Excel・Word・PowerPointなど)というソフトウェアがあります。

このOfficeというソフトは、従来はプロダクトキーを用いた売り切り型でしたが、現在新しくなったOffice365というソフトウェアは、継続課金型になっています。

このほかにも、amazonのプライム会員も継続課金型となっています。

 

このように、現在は様々な企業が継続課金型のビジネスを取り入れています。

 

現状の会社の経営に悩んでいたり、新しく起業しようとしている人は、この継続課金型を導入してみてはいかがでしょうか?

コメント